季節性インフルエンザのワクチンでは、膨大な研究結果から、ワクチンの予防接種効果が見通せるのは、ワクチンを注射した日の約2週後から5カ月間位ということが判明しています。
薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品の添加物などの物質を酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓の大事な任務の一つと言えるでしょう。
人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別されますが、この中耳の近くに様々なバイ菌やウィルスなどが付いて発赤等の炎症が起きたり、体液が溜まる病気を中耳炎と称しているのです。
2005(平成17)年2月より新たに全ての特定保健用食品の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の文章を表記すること食品メーカーの義務となった。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に追従して深刻化する特徴があるということが明らかになっています。
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「取り去るべき」と考えがちですが、その実、人は様々なストレスを抱えるからこそ、活動していくことが可能になります。
肥満(obesity)の状態というのは言うまでもなく摂取する食物の栄養バランスや運動不足が因子になっていますが、同量の食事だったとしても、せっかちに食べ終わる早食いを続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなります。
自転車事故や建築現場での転落など、大きな圧力がかかった場合は複数の場所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、重症の時は臓器が損壊してしまうこともあり得ます。
高血圧(hypertension)の状態が長い間継続すると、全身の血管に強い負荷がかかり、頭の先から足の先まで様々な血管にトラブルが生じて、合併症を併発する蓋然性が高まります。
ハーバード医科大学(HMS)の調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上はカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用すれば、なんと直腸ガンの発病リスクを約半分も減らせたとのことだ。
様々な花粉症の症状(水っ洟、鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜間よく眠れない場合、そのために睡眠不足になり、翌朝からの仕事に良くない影響を与えることもあります。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変化がないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などで短時間で増減するような場合、体重が増えれば体脂肪率は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高まります。
トコトリエノールの作用の中では抗酸化効果が格段に知られていると思いますが、この他にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが認められています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす素因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの崩れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な不足などが大きいと考えられているのです。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずに横たわっていても使用してしまう熱量のことで、その50%以上を全身の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が占めるということをご存知ですか?

コメントを残す