陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と言われている、カビの一種の白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの部位に何らかの理由でうつってしまい、定着した感染症の事であり俗に言う水虫のことです。
痩せたいあまりにカロリーを抑制する、十分食事を食べない、というような食生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性を招いていることは、何度も危惧されています。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が原因で引き起こされる発疹で、皮脂分泌が乱れる主因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の枯渇などが挙げられます。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3つの数値で診ることができますが、特にここ数年肝臓の機能が悪化している人の数が微増しているとの報告がありました。
ばい菌やウィルスなどの病気を引き起こす微生物、すなわち病原体が肺へ侵入し発症し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を起こした様子を「肺炎」と診断しています。
下腹部の激痛がみられる代表的な疾患には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、様々な部位の病気が挙げられるようです。
「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「除外すべきもの」と考えがちですが、実のところ、我々人は多少のストレスを体験するからこそ、活動していくことに耐えられるのです。
薄暗い所だと光不足のためものが見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、目の水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーが使用されてしまい、結果的に日の差す場所でモノを見るよりも疲れるのが早くなるのです。
BMI(体重指数を求める計算式はどの国でも同じですが、BMI値の位置づけは国単位で少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準体重、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と決めています。
緊張型頭痛というのは肩凝りや首凝り、張りが原因の最も一般的な頭痛で、「まるで締め付けられるような痛さ」「重くてたまらないような酷い痛み」と言われます。
学校・幼稚園などの団体行動をするにあたって、花粉症が要因で他の皆と一緒に外で楽しく走り回ることができないのは、子どもにとっても残念なことです。
必要な栄養を網羅した食事や運動は当然のことながら、全身の健康や美を目的とし、食事の補助として様々な成分のサプリメントを摂取する行為が珍しくなくなったようです。
お薬、アルコール、科学的に合成された食品への添加物等を分解し、無毒化する事を解毒と称し、肝臓が果たしている大事な役割分担のひとつです。
めまいが診られず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを数回繰り返すケースを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」という名前で診断するケースがあるとのことです。
吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺へと至る気道から血が出る症状で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある食道などの消化管からの出血のことを指しています。

コメントを残す